So-net無料ブログ作成
検索選択

珠城りょうの経歴と出演作品は?魅力や人気の理由に迫る [芸能]

スポンサードリンク




宝塚歌劇団の珠城りょうさんが今月15日、月組の次期トップとなることがわかりました!

入団9年目でのトップ就任は異例の早さ!

そこで今回は珠城りょうさんの経歴やいままでの出演作品などを調べてみました!

珠城りょうさんの魅力や人気の秘密に迫ります。

スポンサードリンク





【プロフィール】

出身地 愛知

誕生日 10月4日(年齢非公開)

身長 172cm

血液型 B型

本名 及川美紀

愛称 りょう たまきち

【経歴と主な出演作品】

珠城りょうさんは中学時代、ハンドボール部に所属しながらクラシックバレエの習い事をしていました。

珠城りょうさんは中学の頃から長身であったためバレエの先生から宝塚音楽学校の入学を勧められていました。

この勧めがなかったら今とは全く別の道を歩んでいたかもしれませんね。

中学を卒業後は光が丘女子高等学校という愛知にある私立高校に通い、卒業年の2006年4月に宝塚音楽学校に入学しました。

2006年に高校を卒業ということはおそらく今年(2016年現在)の10月で28歳だと思われます。

そして2年後の2008年、第94期生として宝塚歌劇団に入団。初舞台「ME and MY GIRL」に出演し、その後、月組に配属されます。

2009年10月には「ラスト プレイ」の新人公演で当時2番手スターだった霧矢大夢が演じる役に抜擢。

新人公演とは... 下級生や中堅と呼ばれる生徒によって行われる公演です。 要は普段後ろの方にいる生徒達が前に出る機会を与えてもらえるというもの。 若手の教育の場でもあります。

2010年4月には「THE SCARLET PINPERNEL」の新人公演で初主演を果たします!

その後、「エドワード8世」や「ロミオとジュリエット」などの新人公演で主演を果たし、2013年5月の「月雲の皇子」ではバウホール公演初主演。

2015年1月の「Bandito~義賊 サルバトーレ・ジュリアーノ~」でも主演を務めあげるなど確実にその頭角を現していきます。

また舞台だけでなくCM出演するなど活躍の場をどんどん広げていっています。

【魅力や人気の秘密について】

珠城りょうさんの魅力については色々な意見があるとは思いますが一番の魅力はやはり珠城りょうさんが放つオーラではないでしょうか。

彼女は舞台で明るく華やかな役を演じたかと思えば、次は不幸で寂しさを秘めた役を演じきったりします。

そんな正反対の役を演じ分ける彼女の実力と共に魅せる独特なオーラが人気の秘密になっているのだと思います。

また、月組の中では珍しく高身長だという珠城りょうさん。

その長い手足を使って繰り広げられるダイナミックなダンスもファンを魅了しています。

さらに彼女のファンの中には〝笑顔を絶やさない〟〝サービス精神が旺盛〟といった彼女のパーソナルな部分を評価する方もいらっしゃいます。

月組の次期トップということが確定し、これからテレビへの出演なども少しずつ増えてくると思われる珠城りょうさん。

これからの活躍にも目が離せませんね!


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。